Improvise with Electricity

Tao le Hâ -(vieux Chat-Poisson): Improvise with Electricity: Electro Acoustic Performance for DIY sound objects, electronics, Magnetophone, prepared Electric Guitar  即興の電気音響性能  エレクトリックギター、エレクトロニクス、ゲスト用 ワークショップエレクトロニクス.

(Japanese & French Language below)
Sound description:
Open Mind Music, improvised electricity passenger, dark underground soundtrack,
hairy cosmonaut with S.Dali electric guitar, distorted divinatoire Voodoo Sanza, sound night train between London & Tokyo, industrial electro acoustic, computer cake, Avant-garde-à-toi, électronique d’atelier, hazardous sound experimentations, trip-Hopper paint, Ambient life sous le plancher, cup of tea with attic citizens, warm atmosphere, large soundscapes, organic waves, unsafe Jeronimus Bosh Analog machines, Jack Vance effects pedals, 220 volts electrified cool Turkish Baths(we see your skeleton).
P.S:Tao live on  a wreck ship around Chausey Island &like receive email on boat, drop him a line, it’s cool 😉 taoleha@gmail.com

Description sonore:
« Open Mind Music, passager électrique improvisé, bande-son souterraine du sombre, cosmonaute velu avec guitare électrique de S.Dali,  Voodoo Sanza divinatoire , train de nuit sonore de Londres à Tokyo, électro acoustique industrielle, gâteau de l’espace, Avant-garde-à-toi, électronique d’atelier, expérimentations sonores hasardeuses, peinture trip-hopper, Vie ambiante sous le plancher, tasse de thé avec citoyens du grenier, ambiance chaleureuse, paysages sonores de grande taille, ondes organiques, machines analogiques Jeronimus Bosh non sécurisées, effets Jack Vance pédales, 220 volts électrisants in cool Turkish Baths (on voit votre squelette).»
propos recueillis dans le Sound de Chausey En février 2018.
P.S: Tao vit sur un bateau citerne autour des Iles Anglo-normandes et aime beaucoup recevoir des emails sur son bateau, écrivez-lui:  taoleha@gmail.com

 

——————————————————————————————————

JP.
ボトルの中のメッセージ:
Tao le Hâの伝記しようと試みた:
音楽家の作曲家、タオ·ル·ハは、ホーム、レコードスタジオ、ラジオトランスミッタとしての役割を果たす錆びたタンカーの骨折で、チャドシー諸島の周りを静かに漂います。正確な国籍がなければ、彼は古くからカラフルなアングロノルマン人で自分自身を表現しています。 «エレクトーンフィッシュキャット»の全開催は、書籍、レコード、K7、フィルターのないクレイヴンAのカートリッジ、蒸留された酒のボトルのために予約されています。その間に、彼は単にリズムが長い海の波の揺れ、現在の好きなものに従います。
即興電気:
タオの電子音響環境は、準備されたエレキギター、手作りのサウンドオブジェクト(ボートメイド?)、テープレコーダー機能を搭載した船で捕捉されたレコフィールド(dixit Tao)の即興の結果です: « 太陽電池で » 。移動する音楽、包み込むこと、夢のような音楽、精神の詩的な放浪を必要とする。
サウンドの説明:
オープンマインドミュージック、即興電気乗客、暗い地下のサウンドトラック、
S.Daliエレクトリック·ギター、歪んだディヴィネート·ブードゥー·サンザ、ロンドンと東京の間のサウンド·ナイト·トレイン、産業エレクトロ·アコースティック、コンピュータ·ケーキ、アヴァンギャルド·ア·トイ、エレクトロニクス·アトリエ、危険な音の実験、トリップ·ホッパー·ペイント暖かい雰囲気、大きな音風景、有機波、安全でないJeronimus Boshアナログ·マシン、ジャック·ヴァンス·エフェクト·ペダル、220ボルト電車のチャールズ·トルコ風呂(私たちはあなたのスケルトンを見ます)。
P.S:タオはボートで電子メールを受信するように、彼にラインを落とす、それはクールです;-) taoleha@gmail.com